×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライスフォースの特徴!

モデルや芸能人も絶賛のスキンケア『ライスフォース』!

・最初は深層保湿トライアルキット(約10日分)から!
・うるつや肌を叶える『ライスパワーNo.11エキス』配合!
・肌への優しさ!(無着色、無香料、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用、弱酸性(UVプロテクトミルクは中性)、アレルギーテスト済み、パッチテスト済み。)

・しみ・くすみ・小じわ・乾燥・毛穴・大人ニキビ・敏感肌の悩みを解決!

ライスフォースは、肌の水分保持力を高める『ライスパワーNo.11エキス』の働きで、肌に深く上質な潤いを届け、肌本来の美しさを引き出す効果が期待できるスキンケア!なお『ライスパワーNo.11エキス』は、奥まで届く浸透力と、長く続く保湿力がポイント!これにより、肌の水分保持機能が改善され、より長い時間、水分を保てる肌に近づけます。

ライスフォースは、こんな方にオススメ!

  • 肌のカサつき、毛穴の開きを何とかしたい方!
  • つるつるのすっぴん美肌になりたい方!
  • 年齢肌を気にしたくない方!
  • モデルや女優のような、しっとりうる肌になりたい方!

深層保湿トライアルキットの内容(約10日分)!

  • 【医薬部外品】ディープモイスチュアローション(薬用保湿化粧水)
  • 【医薬部外品】ディープモイスチュアエッセンス(薬用保湿美容液)
  • 【医薬部外品】ディープモイスチュアクリーム(薬用保湿クリーム)

ディープモイスチュアローションの成分
●有効成分:ライスパワーNo.11
●その他の成分:水、エタノール、BG、DPG、濃グリセリン、グリチルリチン酸2K、DL-PCA・Na液、大豆リゾリン脂質液、ヒアルロン酸Na-2、植物性スクワラン、天然ビタミンE、PEG(120)、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、POE(25)POP(30)、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、パラベン

ディープモイスチュアエッセンスの成分
●有効成分:ライスパワーNo.11
●その他の成分:水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、パラベン

ディープモイスチュアクリームの成分
●有効成分:ライスパワーNo.11
●その他の成分:水、オクタン酸セチル、BG、植物性スクワラン、濃グリセリン、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、ステアリン酸ポリグリセリル、ステアリン酸PG、ラウリン酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na、グリチルリチン酸2K、粘度調整剤、pH調整剤、パラベン

●ご注文はこちらから → ライスパワーエキスでしっとり潤う美肌へ・・・詳しくはコチラから

スキンケアと皮脂

乾燥対策!
人間の肌は、乾燥すると肌を守ろうとするために皮脂分泌を促すそうです。そのため洗顔後の化粧水や乳液などで、肌の水分や潤い対策が必要になります。しかし、ここで注意したいのが化粧水や乳液などに含まれる油分で毛穴を塞いでしまう恐れがあるということ。特に大人ニキビの悩みを抱える方は、この点に注意したいものですね。スキンケアしているはずが、ニキビなどの肌トラブルを起こしてしまうことにつながるわけです。

皮脂の豆知識!
皮脂と関係があるのが男性ホルモン!この男性ホルモンは、女性にもあるもので、その皮脂分泌が活発になる時期にニキビができやすくなるそうです。なお女性の男性ホルモン分泌量がピークになるのは、ニキビと関係のある16歳~20歳の頃です。しかし、30歳代後半~40歳代にかけても男性ホルモンの分泌が盛んになるそうです。要は、女性は、2度ほど皮脂分泌が活発な時期があるわけです。これは、30歳代後半になると女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が減少するためです。

ただ近年は、女性の社会進出も増えたことで、女性のストレスやイライラも増加しています。そのためストレスなどから女性ホルモンのエストロゲンが低下して、通常なら30歳代後半からはじまる男性ホルモン値のピークが20歳代後半に早まるケースが増えているそうです。

なお、ストレスよって自律神経のバランスが崩れると、交感神経が優位になるらしく心身共に攻撃的な状態になるそうです。この攻撃的な状態が続くと、男性ホルモンの分泌も盛んになり、皮脂の過剰分泌を招く結果につながってしまうそうです。そのため、運動などでストレス発散したり、リラックスしたりして副交感神経を優位にすることも大切だそうです。

冷え性と皮脂の関係!
血行が悪く、しかも代謝もスムーズではない冷え性体質の人は、身体を保護する目的で皮脂分泌が盛んになりがちといわれています。これは、皮脂分泌することで皮膚を覆って保護し、身体の熱を外に逃さないためだそうです。例えば、寒中水泳や遠泳の選手などは、身体に油を塗って熱を逃さないようにして泳ぐ人もいるそうです。冷え性の人がオイリー肌になる仕組みが何となくわかりますね。 そこで冷え性改善のために、足浴や手浴などが人気なのですが、実は一時的な効果しか得られないことがあるので、さほど改善とまではいかないようです。冷え性と皮脂分泌にも意外な関連性があるんですね!


アンチエイジングの専門医が開発した日本生のHGHサプリメント!若々しさの源と言われるHGH(成長ホルモン)は、年齢とともに分泌が減少します!若々しさをサポートしたい方に!
>> HGHシールドの口コミ!HGH(成長ホルモン)サプリメント